10年

日々、新しい道具が作られています。

あるものは大ヒットし、あるものは日の目を見ずに消えていく。

そんなニュースをお知らせしてくれるWebサイト「gizmodo」に面白い記事が載っていました。

 

「初代」のiPhoneのレビューです。

 

 

www.gizmodo.jp

10周年を迎えたiPhoneに敬意を払って、初めてそれが世界にうまれた時の記事を改めて掲載する、ということです。

 

空前の大ヒットで、いまやスマートフォンの代名詞と言ってもいいくらいの存在です。

生活に浸透していますし、無くてはならない道具といっても差し支えないモノだと思います。

 

ですが、デビューのときは今とは大きく違っていた。

不便だったのです。

接続できるネットワークの質やカメラの性能が低く、

インターネットのウェブサイトはほとんどが「スマホ未対応」でした。

 

 

でもそれを補ってあまりある魅力がiPhoneにはあった。

だからすげえ、となったのです。

 

それに引き換え、最近はiPhoneがアップデートするたびに「この程度か」と失望したりして、もともとすごかったiPhoneのことを評価しにくくなりつつあります。

 

gizmodoの10年前の記事を読んで、「長年連れ添った妻の初めてデートした日のことをふと思い出す」っていうのは、こういうような気分なのかな、と思ったりしました。

 

残念なことに、私は独身なのですが…。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする