読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.5.19

ジムに行ってるだけなんですけどね、

「全佐藤」の話の続き。を。

 

 

いま、ジムに行っていて、ゴールデンウィークがあったのでその明けからスタートしたとすると2週目、なんですけど。

 

今、その習慣化のプロセスの途中にいると思っています。

 

で、全佐藤、ってのは、佐藤が100人いる、ってイメージなんですね。

国会とか、まあ、村議会でもいいんですけど、そういうやつ。

 

で、そのうち20人は、①急進派の連中。

で、20人は、ふるーいことにこだわって、何言われても動じない、②頑固な連中。

その他、60人は、③決まったことを淡々とやり続けるだけの連中。

 

いま、僕は、「ジムに行く」ということをこの③の連中に言い聞かせている、

説得している、そういう時期、なんですね(自分の中ではそういうイメージをえがいている)。

 

 それはどういうことか、っていうのを説明させていただきます。

 

まず、①の連中、っていうのは、すごく素直で、動きも早くて、「感情」っていう一瞬のものに反応して、すぐに動いてくれる連中なんです。

僕としてはコントロールしやすい連中。

助かります。ジムに行こ!って思ったら、そいつらが動いてくれるんで、とりあえず入会届けを書いたり、最初の何日かは頑張ってくれるやつら。かわいい奴らです。

…ただしこいつらは、体力が無いんで、すぐに息切れしちゃう。

①の連中だけを頼っていると、なにか始めたことも長続きしない。

 

で、②の連中は、いっつもつまらんことばっかり言って、まったく自分からは動こうとしない連中。僕は無視しています。

 

問題は、③の連中。最大派閥の「現状維持党」のやつらです。

 

彼らは、基本的に、「これまでやってきたこと」を忠実に実行するんですけど、最大の派閥なので、佐藤、という人間に対して、ものすごい影響力があるんですね。

 

さらに、①のやつらみたいにすぐには動かない。

じっくり考えて、長いこと繰り返されてきたことを忠実に、まじめに、繰り返す。

あんまり賢い、っていうふうには、思わないんですが。 

でも真面目だし、全佐藤への影響も大なんで、むげには出来ない。

 

 

 

…で、

今、ジムに行っているっていうのは、③の連中を説得している、っていうイメージがあるんですね。

なぜなら、彼らがいうことを聞いてくれたら、ジムに行くことは苦にならないから。

 

正直、肉体改造の意味ではいまんとこまったく数値的に変化が無いんですが、

いまは③の多数派を説得している時期なので、

と思うことで、継続できています。

 結果が出るのはあとでいいや、ということです。

 まずはジムに行く、ということがあたりまえのことになるようにしてから、体重とか、上げれる重さとか、そういう結果を期待しよう、ということです。

おかげで、とりあえず今日までは、ジムに行き続けられてます

 

全佐藤、の概念、伝わっていますか?

 

また今後も、繰り返しお伝えしたいと思っています。